木曜日, 5月 25, 2017

TCDW5490
世の中は本当に読めないですね

突発案件で緊急入手した道具は、結局使うことが無く棚の肥やしに・・・。かと思うと、もう絶対に使う事は無いだろうと思っていた道具がいきなり大活躍って・・・世の中は本当に読めないですね〜。だから面白いのですが・・・。

水曜日, 5月 24, 2017

都内某所の風景・・・919
またまだツツジは咲き誇っています

facebookとは別の場所ですが、とにかく・・・またまだツツジは咲き誇っていますね。本当に元気な花です。排気ガスにも負けないパワーはどこから来るのでしょう。とにかく綺麗な花ですね。

Panasonic LUMIX DMC-FX700

TCDW5489
無理な乗車が起因が多いようです

最近は本当に電車のトラブルが多いですね。特に間隔調整のために一時停車とか・・・朝は本当にイライラします。聞けば無理な乗車が起因が多いようです。なんとかならないのでしょうきか・・・。

火曜日, 5月 23, 2017

都内某所の風景・・・918
ちょっとお洒落なイメージになります

夕方6時頃の風景ということで、コンパクトでフルオートの手持ち撮影は本当にノイズの塊。思い切ってノイズを丸め込んでぼかしてしまうと、それはそれで、ちょっとお洒落なイメージになりますね。今度は別の方法を考えてみたくなりました。

Panasonic LUMIX DMC-FX700

TCDW5488
目の紫外線対策は必要だと思います

日差しが強いとどうしても視界が悪くなりますね。普段は気にも留めないのですが、今年はそろそろサングラスの時期のようです。日本人は基本的に必要ないという方もいますが、白内障などになりやすいとか・・・。専門的なことは置いておいても目の紫外線対策は必要だと思います。

月曜日, 5月 22, 2017

都内某所の風景・・・917
木漏れ日の造り出すコントラスト

照りつける日差しから逃げるように木陰に入ると、そこで目に入る木漏れ日の造り出すコントラストの美しさは言葉で説明出来ないです。素晴らしいアートです。

Panasonic LUMIX DMC-FX700


TCDW5487
そろそろエアコンの準備ですかね

昨日は本当に暑くて参りました。私の部屋は33度越えちゃいました。頭の中が沸騰しそうでした。こんな時は縁側で夕涼みが一番ですが、現代社会にソレを求めるのは少々辛い現実がありますね。ということでそろそろエアコンの準備ですかね〜・・・。

日曜日, 5月 21, 2017

都内某所の風景・・・916
維新の十傑の一人
大村益次郎の銅像

靖国神社に明治26年(1893)、日本最初の西洋式銅像として建てられた大村益次郎の銅像。彼は維新の十傑の一人に数えられますが、維新の立役者はほとんどが短命でしたね。まるで役目のためだけに生かされていたような感じですね。ということで今回は後ろから撮影してみました。

ちなみに、維新の十傑とは・・・
西郷隆盛(薩摩藩)1877年9月24日/満49歳没
大久保利通(薩摩藩)1878年5月14日/満47歳没
小松帯刀(薩摩藩)1870年8月16日/満34歳没
大村益次郎(長州藩)1869年12月7日/満45歳没
木戸孝允(長州藩)1877年5月26日/満43歳没
前原一誠(長州藩)1876年12月3日/満42歳没
広沢真臣(長州藩)1871年2月27日/満37歳没
江藤新平(肥前藩)1874年4月13日/満40歳没
横井小楠(肥後藩)1869年2月15日/満60歳没
岩倉具視(公家)1883年7月20日/満57歳没

Panasonic LUMIX DMC-FX700


TCDW5486
京王線と小田急線を時々勘違い

頭では理解しているのに、どうしても京王線と小田急線を時々勘違いしてしまうことがあります。もちろん乗り間違えはしませんが、「どこどこには何々線で〜」と説明するときは間違えます 。下北沢で小田急線と京王井の頭線が交差しているのがややこしいのかも・・・と、勝手な解釈。

Photoshopでの合成処理
合成したときの色温度による差異

Photoshopでの合成処理で、元画像のイメージを尊重し過ぎると、合成したときの色温度による差異を見過ごしてしまうことがあります。これは切り抜き処理よりも重要なポイントです。大切なのは元画像のイメージをしっかり把握し、新しい背景との関係を冷静に吟味することです。

写真は上から元画像とそのRGBチャンネル。真ん中が元画像の色温度を修正せずに新しい背景と合成した結果とそのRGBチャンネル。下は元画像と新しい背景の色温度を修正した合成結果とそのRGBチャンネル。

各アルファチャンネルは見慣れてくると合成結果と色温度の差異を理解出来るようになります。